「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

募集要項記載情報の訂正

※重要※
募集要項記載のメールアドレスに誤植がございましたので訂正致します
(訂正前)sp4sel4b@gmail.com

(訂正)sp4cel4b@gmail.com


ギャラリー展公募に関しては下記を参照ください。
ギャラリー展公募
[PR]

# by spacelab_aomori | 2013-05-31 14:37

空間実験室2013年 ギャラリー展公募

2013年のギャラリー展に関する公募を開始しました。

※重要※
募集要項記載のメールアドレスに誤植がございましたので訂正致します
(訂正前)sp4sel4b@gmail.com

(訂正)sp4cel4b@gmail.com


既に連絡を頂いている方もおりますことと思いますが、再度ご確認の上お間違えの無いようお願い申し上げます。


ー応募についてー


公募展示スケジュールについて
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スケジュールは全て月曜日始まり、土曜日終了です。
公募展時期間:8月5日[月]〜10月26日[土]
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ギャラリー利用事項について
●応募資格
1)空間実験室の主旨にご賛同頂ける方で、展示期間中スタッフ、出展者として可能な限り空間実験室の活動に協力することの出来る方
2)個人、グループを問いません。説明会へ本人、または代表者がご参加下さい。
3)ご都合により、説明会に参加できない方は、事務局へお気軽にご相談下さい。
●応募方法
最下部記載のリンクにてPDFを印刷、またはダウンロードしてください。応募の際は、募集要項中の応募用紙に必要事項をご記入後、説明会当日にご提出頂くか、①他の日に直接持ち込み②郵送③必要事項をメールに記載してご提出下さい。
●募集締め切り
締切は展示希望日初日の1カ月前まで。
※但し、7月8日(月)までにお申し込みの方には、展示スケジュールチラシに展覧会情報等を掲載する特典があります。
●料金
1週間10,000円(搬入・搬出含む)
展示日数は1週間以下でも可、ただしその場合も料金は10,000円とさせていただきます。
●割引制度
1スペース複数週使用される方は、2週間使用で−6,000円(3週間以降は1週ごとに−3,000円)割引致します。また、スペースを複数使用される方は2スペース使用で−6,000円/3スペース使用でさらに−3,000円割引致します。
※尚、複数スペースを複数週使用に関しては、割引制度が併用されませんのでご了承下さい。
<例>
Aスペースを2週間使用(10,000円×2週間)−6,000円=14,000円
Aスペース+Bスペース使用(10,000円×2週間)−6,000円=14,000円
Bスペースを4週間使用(10,000×4週間)−6,000円ー3,000円×2=28,000円
●その他
ご希望の展示スケジュールに関しましては、先着申込順に優先的に決定させていただきます。(同期日内に応募多数の場合、または、その他の事情により変更する場合もありますので、予めご了承下さい。)
※展示スケジュールチラシを作成いたしますので、期日内でのお申し込みにご協力をお願い致します。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

空間実験室ではスタッフを募集しています!

作品を作るのは自分には難しいけど、何かしてみたい
いろんな人の作品を見てみたい
そんな方はスタッフとして空間実験室に関わってみませんか?
もし興味がある方がいましたら、一度空間実験室までご連絡いただくか、説明会に是非足を運んでみてください。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<ギャラリー展公募・スタッフ募集 説明会の日時>
5/26(日) 6/29(日) 7/28(日)
全日 13:00~15:00
空間実験室にて行います。
※説明会は3日の内、1日のみの参加で結構です。


その他の情報等は、下記リンクからPDFファイルに接続して、詳細をご確認ください。
募集要項表面
募集要項裏面

質問等ございましたら、PDF記載の連絡先までご連絡いただけますと幸いです。
[PR]

# by spacelab_aomori | 2013-05-12 12:48 | 実験室 展示のお知らせ

『Domestic Park ll』展示終了報告

こんばんは、空間実験室2012実行委員長の土棟です・。
振りかえると不思議と季節が早く過ぎていたと思える今日この頃、すっかり寒くなってしまい実験室でもストーブが大活躍しております。初雪もあと1カ月足らずといったところでしょうか。実験室では来年へ向けての準備を少しづつ始めています。


さて、報告が遅れてしまいましたが、10月23日をもちまして@mimi_0917さんによる展示『Domestic Park ll』が終了しました。チラシに掲載している中では最後の展示でした。
d0248721_3551059.jpg

スタッフによる搬出作業の様子。またまっさらな状態に戻ります。
d0248721_3565965.jpg

ペンキで修繕中です。次はこの壁がどのように変わるのでしょうか?私には想像できません。
d0248721_3593393.jpg

段ボールにて一時保管。ちょうど良いサイズのものがありました。

今回の展示を終えて、@mimi_0917さんにインタビューをしました。

普段会えない人たちとも展示をきっかけに話ができてよかった。自分なりに時間がない中で地道に宣伝した甲斐があった。作品については「もっと見てみたいというお客さんの感想が多かったのでこれからも作品数を増やしていきたい。とのことでした。

仕事があってとても忙しい中で、それでも作品の制作や宣伝をできるのはやはりそれだけ表現することが好きだからとか、楽しいとか、価値があることだと思うからなのでしょうね。私もそのようなものを見つけたいです。

また、これからの活動については、お客さんの感想の中に「本で作品を見てみたい」とあったので今度はそれに挑戦してみたい。来年度はコンペティションなど、展示以外での方法で人の目に触れるような努力もしたいとのことでした。

様々思うところはあったでしょうが、今回の展示で経験したことをぜひ今後に活かしていただければと思います。この度は本当にありがとうございました!
[PR]

# by spacelab_aomori | 2012-11-05 04:39 | 実験室 展示のお知らせ

Happy Halloween!

こんばんは、土棟です。ハロウィンということで最近いたるところに装飾がみられるようになりました。空間実験室では全くハロウィンに何かしよう!という予定がなかったのですが、
先日、あの筋骨隆々で畑を営み音楽活動もしている『t9n』からかぼちゃとジョロキアを頂きました。

その時ジョロキアの恐ろしさを十二分に思い知ったわけですが、それは置いといて、せっかくのかぼちゃを何か使えないかというところでちょうどハロウィンの時期です。ジャック・オ・ランタンを作ることになりました。ただ顔を掘るのではなくもっと面白いものを作れないかとスタッフで考えた結果このようになりました!

d0248721_310657.jpg

Ta-da!
顔の大きく口を開けた中でもハロウィン要素が詰め込まれています。

d0248721_3164622.jpg


焼き鳥えんと空間実験室のロゴも入っております。
これは昼の様子ですが、夜はもっとスゴいぞ。夜は。

d0248721_3174996.jpg


いつもの焼き鳥えんとはちょっと違いますねぇ提灯が2つあるようにも見えますが何でしょう近づいてみましょう。
d0248721_3193963.jpg

近づいたらこんな感じです。どうでしょう?

d0248721_3252322.jpg

別角度より うおっまぶしっ!

ハロウィンらしさが出てるように見えたら幸いです。あと今週いっぱい飾っておいていただけるそうなので気になった方はどうぞ見にいらしてください。
[PR]

# by spacelab_aomori | 2012-10-31 03:39 | 雑記

『DomesticPark ll』中間報告

こんばんは、空間実験室2012実行委員長の土棟智仁です。


さて、10月19日から開催されている詩とコラージュを組み合わせた展示『Domestic Park ll』。ファッションによって見た目や気分が「変わる」という冒険や発見の面白さを、同じポートレートに違うコラージュを合成することで表現されているこの展示ですが、この作品について気になったことをmimi_@0917さんに伺いました!
d0248721_124117.jpg

 
最初の質問では、なぜ、頭の部分をコラージュにしたのか尋ねました。
@mimi_0917さん曰く、このコラージュは帽子を模したものであるそうです。ファッションとは、人に見せるものでありながら、同時に見せたくない部分を隠すものでもある。
d0248721_131734.jpg

詩もまた、素直な気持ちを書いたものだけれど、同時に人に見られるということも意識して書いてもいる。

この共通点があるものを並べるものを考えたときに帽子を表現するのがよいという結論にたどりついたそうです。また、衣服だとある程度形が決まってしまいダイナミックな表現ができなくなるということも帽子を選んだ要因であったようです。

d0248721_141134.jpg

また、詩に出てくる「僕」とは誰のことなのか尋ねたところ、@mimi0917さん自身のことであり、普段思っていることを改めて形にしたものであるとのこと。

高校時代より詩を書くことが好きになった@mimi0917さんですが、詩はコラージュに比べてより良い作品ができたと感じることのできる表現の媒体であるそうです。様々な想像を膨らませることのできる詩だと、個人的に思います。
d0248721_164799.jpg

さて、今回作品の内側についてご紹介した『Domestic Park ll』ですが、本日10月23日までの展示となります。まだご覧になられていない方はぜひお越しください!
[PR]

# by spacelab_aomori | 2012-10-23 01:08 | 実験室 展示のお知らせ

他団体への訪問。

みなさん、こんばんは。空間実験室2012実行委員長の土棟です。空間実験室の毎年の恒例イベントであるギャラリー展は今年も行われ、あと1カ月ほど続きますが、実験室の活動はそれだけではありません!

今年は、空間実験室と、共通点のある活動をしている団体を訪れ、その団体がどのように活動しているかを実際にこの目で見てよい点を今後の実験室の活動の参考にさせていただくべく、八戸で活動している『八戸ポータルミュージアム はっち』を訪れました。丁度その時は、八戸の横丁を舞台にして9月7日と8日の2日間行われるイベント「横町オンリーユーシアター」が行われていたため、そのイベントに見学に行ってまいりました。横町の中の店を使った、演劇や落語、ダンスといった様々なパフォーマンスをお酒を飲みながら楽しめるということで、とても楽しみにしておりました。

行く途中道に迷ってしまいましたが、何とか到着。初めて青森~八戸という長距離を車で走りました。

下の写真はイベント会場の様子です。
d0248721_0355265.jpg

d0248721_0364269.jpg

最初の、短距離男道ミサイルさんの演劇を見た、ハーモニカ横町です。道の幅や店の雰囲気が何ともいえずつい寄ってみたくなるようなお店が並んでいます。ここの演劇がまた衝撃的で、だいぶまだ印象に残っております。ここで一気に横町オンリーユーシアターというものに引き込まれてしまった気がします。

少し離れたお店でコンテンポラリーダンスも見させていただきました。前年度開催された横町オンリーユーシアターにも参加されて、今回はっちを訪れるきっかけとなった、斉藤栄治さんという方のパフォーマンスだったので、楽しみにしておりました。写真は撮りませんでした。いや、とれませんでした。終始斎藤さんの動きに目を奪われてそれどころではありませんでした。
d0248721_0374352.jpg

d0248721_0382790.jpg

時間の都合上、3つしか見れなかったのですが、最後は大庭れいじさんによる朗読とライブペインティングのパフォーマンスでした。震災復興支援のためにチャリティー朗読ライブなど精力的な活動をしている大庭さんによる震災の悲惨さを伝える詩、そして朗読の仕方はとても心を動かされるものでした。

晩御飯を横町のお店で食べてから帰りました。店は人でにぎわっていて開いているところを探すのが一苦労でした。このようなイベントを企画し、八戸の街の活性化を目指して活動しているはっちの活動のほんの少しでも見れた気がします。

次に先日、栃木、群馬にまたがって行われるWATARASE Art Projectの本展「PARADE」
に行ってまいりました。わたらせ渓谷鐵道沿いに計9つの地区で行われる大規模なイベントです。空間実験室に似通っている点があることから、ぜひ活動の参考にさせていただきたいと考え、イベントのサポートスタッフとしてお手伝いに行きました。


最初に到着したのが間藤・本山地区という一番北側の高いところにある会場でした。
そこで、代表である皆川俊平さんからWATARASE Art Project について、どのような考えを持ち、どのような活動をしているのか、たくさんの話を伺うことができました。
d0248721_0391710.jpg

お話を伺い、また宿泊もさせていただいた場所。赤倉旧マルサン食堂
d0248721_0395213.jpg

皆川さんがつくったカレーをご馳走になりました。お手伝いに伺ったと思ったらいろいろもてなされておりました。

1日目はその他にもいくつかの会場を訪れ展示を見させていただきました。
d0248721_042334.jpg

d0248721_04334100.jpg

d0248721_0442824.jpg

暗くなったら、共同浴場に行き車での疲れをいやしました。青森~栃木を車で行くのは初めてだったのでとても疲れました。青森~八戸という記録をあっという間に大幅に更新しました。
やったね!


その夜はお酒を飲みながらWATARASE Art Project に関わる皆さんといろいろとお話をしました。なかなかお酒を飲みながら大人数で話をする機会がなかったものですが、楽しめました。


次の日は赤倉旧マルサン食堂から近い、南橋社宅という展示場での受け付け、展示準備のお手伝いをしました。何人か受け付けの人もいたのでそこでの展示も十分楽しむことができました。
d0248721_046335.jpg

d0248721_0461019.jpg


午後、再び皆川さんとお話をした後に、お別れして最後に一つ展示場を見た後に青森へと帰りました。

とても濃い2日間でした。空間実験室での活動も他とはこういうところが違うんだというのがわかった気がします。

今回の訪問を今後の空間実験室の活動に活かせたらよりよいものになると思いました。
また、改めてネットワークの大事さに気づけたりもしました。学校もある中で短い期間でしたが、行ってよかったと思います。
[PR]

# by spacelab_aomori | 2012-10-20 00:48 | 実験室ブログ

『Domestic Park ll』 展示開始

皆さんこんばんは。空間実験室2012実行委員長の土棟です。
季節は本格的に秋がきて夜は肌寒さを感じます。着るものに気をつけないと風邪をひいてしまうかも知れない今日この頃です。
さて、もう少しであと残り1カ月となる空間実験室ギャラリー展ですが、新しい展示が始まります!

@mimi_0917さんによるグラフィック『Domestic Park ll』です。
10月19日から10月23日までの展示となります。

昨日は搬入日でしたので、その様子をご紹介します。
d0248721_2535737.jpg

作品の設置をする@mimi_0917さん。遅い時間の搬入となったので少し寒そうです。
d0248721_2542371.jpg

作品の設置が完了しました。両端のA,Cスペースの電気を消していましたが、これもまたいい雰囲気になっていたと思います。
d0248721_2544117.jpg

d0248721_2552064.jpg
d0248721_255366.jpg

                                            撮影:バタしゃん

髪の部分がそれぞれ違う作品となっていますが、なぜそのようにしたのか、また、詩との関連なども気になります。

20日、21日は@mimi_0917さんも在廊しておりますので、ぜひいらしてください!


次回の記事では作品に更にスポットを当てていきたいと思います!
それでは、また。
[PR]

# by spacelab_aomori | 2012-10-19 02:59 | 実験室 展示のお知らせ

10月19日(金)からの展示のお知らせ

日が暮れるのもすっかり早くなり、秋真っ盛りですね。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
今回は、来週からスタートするギャラリー展示のお知らせです。

****************************
【展示期間】10/19(金) - 10/23(火)
【出展者】@mimi_0917
【タイトル】Domestic Park II
【展示時間】13:00-19:00
【展示場所】ギャラリーB
【展示内容】グラフィック

【作者コメント】
詩のような短すぎるつぶやき。
ポートレートの上にコラージュ。
2つの組合せで、自分の存在がより
ドメスティックかつ、パブリックになる。
そんな矛盾をお楽しみください。
****************************

短いセンテンスが彩るコラージュ作品、
彼女の切り取る世界。
深く深く掘り下げていく彼女の世界は、
どこかで私たちと繋がっている、楽しみです。

展示期間は5日間のみと少し短めですので、
ご来場予定の方はどうぞご注意ください。
[PR]

# by spacelab_aomori | 2012-10-12 12:00 | 実験室 展示のお知らせ

『ハロー空間実験室。』、zineのお知らせ

今年短期でスタッフをしていた方が、空間実験室のスタッフの声を集めたzineをつくってくれました。限定50冊、空間実験室入り口チラシ置き場にて配布中ですのでお持ちください。また、zineと同じ内容をweb上でもご覧いただけます。

d0248721_17445212.jpg
『ハロー空間実験室。』
↑コチラをクリック

【制作者コメント】
2003年からスタートした空間実験室は今年で10年目、たくさんの人が関わり、そして去っていきました。この本には、2012年度の空間実験室スタッフの活動の記録や思いが記録されています。興味を持ち、お手に取っていただけると幸いです。
[PR]

# by spacelab_aomori | 2012-10-05 12:00 | 雑記

『palette』展示終了報告

おはようございます。空間実験室実行委員長の土棟です。
昨日、10月3日はN/Mさんによる展示『palette』の搬出日でした!
d0248721_440487.jpg

ご自分の展示の写真を取るN/Mさん。やはり、自分で作ったものはいろんな形で残しておきたいものですね。これから片付けてしまうので名残惜しい気持ちもあるのだと思います。
d0248721_444928.jpg

片付けられる作品たち。やはりこのときは少しさびしいです。
d0248721_4462714.jpg

絵画を取り外すN/Mさん、高校の時バレエ、大学の時ダンスをやっていたそうで、しなやかな身のこなしを見せてくださいました。しかしなぜこのタイミングなのでしょう?
d0248721_4481792.jpg

修繕作業をするN/Mさん。気合が入っています、ではなくて!先週の立崎さんといい、なぜこんなにもユニークなポーズを取ってくれるのでしょうか?ちなみに、こちらからはお願いはしていませんよ!

そして、展示を終えての感想について、N/Mさんに聞いてみました。

N/Mさんは、今回の展示で反省するところが多かったそうです。時間に余裕をもって制作に取り掛かれなかったこと、自分の表現の仕方の引き出しの中の道具の少なさに気付いたとのことでした。また、見に来てくださったお客さんには感謝感激ですと仰っていました。その点は私たちも同様です。

また、今後の活動については、色と音を使ったテーマに、さらに表現手段を模索し、素材のバリエーションを増やしたい。また、人間の身体表現に興味があるので、踊っている人も描きたいとのことです。

今回の展示で新たな課題を見つけられて、またモチベーションも上がったのではないかと思います。次回、またどこかで展示する際にはさらに豊かな表現の作品が見られることでしょう。
d0248721_5122897.jpg

立つ鳥跡を濁さず。全てを元通りにして、まさに空間実験室を後にしようとする瞬間。
N/Mさん、お疲れさまでした!そしてありがとうございました!
[PR]

# by spacelab_aomori | 2012-10-04 05:20 | 実験室 展示のお知らせ